S.Hoshino

Q 大切にしている言葉は?
A 初志貫徹

Q 何故、介護施設からイーライフに転職したのでしょうか?
A 以前は介護施設で主任として、勤務していました。主任という立場で在りながらも、入居者様により良い提案を行うには、組織として多くのプロセスがあり、実際に提案を採用して頂けることは殆どありませんでした。
入居者の為を思い、提案している事が、上には声が届かない、そんな毎日をもどかしく思いました。そんな中でイーライフに出会い、自分のやりがいを見つける事が出来ました。イーライフでは、実際に利用者様に対して様々な提案を行うことが出来、営業判断にて臨機応変な対応が行えます。勿論、責任も伴いますが、利用者様に直接、提案する機会がある事に魅力に感じました。その人の今後の人生に大きく関わる、責任ある仕事を行いたいと思い、入社させて頂きました

Q 現在のイーライフでの役割はなんでしょう?
A 現在は先輩方に同行させて頂き、福祉用具専門相談員として、経験、知識を学んでいます。それだけではなく、人生の先輩としても、社会のマナーや人間性についても勉強させて、頂いています。
愛情のある指導を受けている事で、私も会社に貢献したいという気持ちは強くなる一方です。今後はフォローの業務を中心にイーライフの一員として努めていき、更に自分の担当エリアを今後持つ予定です。
目指していく相談員像については、元々、施設で働いていた事もあり、老後の生き方について考えたことがありました。人によって、様々な希望があると思いますが、今まで、過ごしてきた思い出の詰まった家を離れなければならないという状況になった時は寂しい気持ちや虚しい気持ちになるかと思います。そこで、私が福祉用具相談員として、様々な提案を行い、在宅での生活を続ける事が出来たならば、これ程、自分のやりがいを感じて、嬉しいことはないと思いました。関わる全ての人に信頼され、星野に頼めば何とかなる、その様な人望の厚い福祉用具専門相談員を目指していきます。


 

Q イーライフに入社して実感することを教えてください。
A 私は今までの会社では、情に熱い人は中々、上に上がる事が出来ない、その様な経験をしました。しかし、イーライフは社長や取締役が凄く熱い人で想いを理解して下さり、自分の気持ちや考え方を尊重して活かしてくれるので、私自信もモチベーションに繋げる事が出来ます。
また、イーライフは良い意味でまだまだ、大きな組織ではありません。
これから社員の力を合わせて、大きく成長していくこと目指している会社です。なので、こんな風にしたい、あんな風にしたい、等の意見があれば、イーライフの一員として会社を作り上げて行くことが出来ます。そこは魅力的です

Q イーライフはどんな会社にしていきたいですか?
A 全員が同じ方向を目指した上で、意見を活発に出し合えるそんな会社で在り続けたいです。また、業界の常識に捕らわれずに、業界初の◯◯◯といった、新しいことに挑戦できる会社にしていきたいです。

 

・オフの日
休日は高校時代の先輩とコースに行ったり、打ちっぱなしで練習することが多いです。ちなみに、高校時代は陸上の長距離の名門校でもっと痩せていました(笑)
また、馬を見ることが好きなので東京競馬場に遊びに行くことも多くあります。最近では、美味しい食べ物が多くあり、家族連れや女性の方も多く遊びに来られています。勿論、予想もしっかりと行います(笑)